豚プラセンタと馬プラセンタ、羊プラセンタのそれぞれの違いと特徴

プラセンタには豚や馬、羊などの種類があります。元となる動物が違うという以外に、それぞれどのような特徴を持っているのか詳しくチェックしてみましょう。

コストパフォーマンスが自慢の豚プラセンタ

豚プラセンタは、日本では最も広く使われているプラセンタです。
1番の特徴はその安さ。豚は年に2回出産し、1度に10頭前後の子供を産みます。それだけに胎盤を大量に採取することができるので安定的に供給でき、かつ価格を低く設定することができるのです。

ですが、豚プラセンタは手軽に利用できる反面、質がやや落ちるというデメリットがあります。豚には他の家畜には住みつかない特殊な寄生虫が存在するため、プラセンタも加工する際に強い殺菌処理が行われます。このとき、折角の栄養素が壊れてしまうのです。
このデメリットをカバーするのがSPF豚由来で作られた豚プラセンタです。

SPF豚とは、厳しい衛生管理をクリアした施設で育てられた健康な豚のことを言います。安全性が高く殺菌処理も通常より抑えられるため、プラセンタの栄養を壊すことがありません。安全で効果が高いものを使いたいときは、SPF豚であるかどうかを確認するといいでしょう。

高品質なら馬プラセンタ

豚プラセンタに次いで有名なのが馬プラセンタです。
馬プラセンタの特徴はその品質の高さです。他のプラセンタと比べると、アミノ酸の含有量が高いことで知られています。馬プラセンタに利用される馬は、そのほとんどがサラブレッドです。

サラブレッドは競走用に品種改良された馬のことで、はっきりとした血統や徹底した品質管理や栄養管理を受けて育つため、より質のいいプラセンタを採取することができます。ただし、それだけに費用が高い点がデメリットと言えるでしょう。豚と違い、馬は一度の出産で一頭だけを生むので馬プラセンタは希少性が高くなり、高価になる傾向があるのです。

また、希少性が高い分効果が高い馬プラセンタですが、配合されていると謳っている商品を買うときはその配合量に注意する必要があります。ごく微量にしか配合されていない商品もあるため、しっかりと成分表示がされているかチェックしましょう。

海外産の羊プラセンタ

羊由来のプラセンタが、羊プラセンタです。日本ではあまり馴染みがありませんが、北米やヨーロッパでは高い人気を誇っています。

羊プラセンタはアミノ酸の組成が人間のものと似ているため、摂取した時の吸収率が非常に高く、発疹などの免疫拒絶反応も起こりにくいことで注目が高まっています。羊自体も病気にかかりにくい動物なので、羊プラセンタは安全性が高いと言われています。

しかし、日本では狂牛病や口蹄疫の影響で牛と同じく生産や輸入、販売が原則禁止となっています。日本で現在流通している羊プラセンタの商品は海外から輸入され、厚生労働省の許可を得て販売されているものです。

それぞれの違いを理解した上で使おう

プラセンタが持つそれぞれの違いを知れば、自分に合ったものを見つける手掛かりになります。ぜひチェックしてみてください。