豚プラセンタと他を比べた場合のメリットとデメリットは?

豚プラセンタは、他のプラセンタと比べてデメリットが大きいと考える人もいるかもしれません。しかし、メリットもたくさんありますので、その特徴を知っておきましょう。

豚プラセンタのメリットとデメリットは?

豚プラセンタは馬プラセンタなどに比べると栄養が低いと考えている人も多く、実際にそれは間違いではありません。アミノ酸なども豊富で高品質なことで知られる馬プラセンタに対し、豚プラセンタは以下の理由で栄養の質が低くなっています。

・一度の出産で生まれる数が多いため、栄養が分散する
・寄生虫を処理する過程で栄養素が失われる
豚は一度に10頭前後の子供を産むこともあり、一度に生まれる数が少ない馬と比べると胎盤の栄養の質が落ちます。また、豚には他の家畜にはない寄生虫や感染症の問題があり、それを処理するための工程でせっかくの有効成分が壊れてしまいます。

そのため、このようなデメリットが豚プラセンタには存在するのです。ですが、だからといって豚プラセンタが他よりも劣っていて避けたほうがいい商品というものでもありません。
・豚は出産数が多いため原料となる胎盤を確保しやすく、値段が安い
・質が低いといっても効果は十分得ることができる
という長所があります。

原料が確保しやすいので量が多く出回る豚プラセンタは他よりも価格がリーズナブルで、無理のない値段で購入することができます。サプリメントなどで豚プラセンタを摂取する場合は短期間ではなく、長く利用することで効果が出てくるものなのでそこそこの効果があり、購入しやすく長期的にも利用しやすいというのは大きなメリットとなります。

より効果的な豚プラセンタもある

安くて利用しやすい豚プラセンタですが、デメリットが少なくより効果的なものが欲しいなら、質の高い豚を使用したものを選びましょう。どこのどんな豚を使ったのか分からない商品では粗悪なものが混ざっている可能性もありますから、産地などの情報がはっきりしているものが理想です。

豚プラセンタの中でも品質が高いのが、SPF豚と呼ばれる豚の胎盤から作られたものです。SPF豚というのは豚の品種のことではなく、特定の病気を持たず自然な環境で徹底した衛生管理のもと育てられた、質の高い健康的な豚のことです。

豚プラセンタの栄養はその豚の育てられた環境によって変わりますが、SPF豚の豚プラセンタは通常の豚より栄養が豊富で質が良く、さらに衛生管理がしっかりした環境で育つので有効成分を失ってしまう処理が少なくて済み、安全性も高くなっています。豚プラセンタを選ぶなら、メリットの大きいSPF豚のものを選びましょう。

メリットとデメリットを知って豚プラセンタを有効活用

メリットとデメリットを理解すれば、豚プラセンタも有効活用ができることが分かるでしょう。質が良く、自分に合った商品を見つけて上手く利用しましょう。