豚プラセンタが持つ特徴とは?

プラセンタと言えば馬由来のものが一般的ですが、豚の胎盤から取れる豚プラセンタも注目されています。豚プラセンタはどのような特徴を持っているのか、詳しくチェックしてみましょう。

値段が手ごろな理由は?

プラセンタとは、胎児をお腹で育てる哺乳類の胎盤から抽出した成分を含む医薬品やサプリメントのことを言います。中でも豚の胎盤から抽出したものが豚プラセンタです。

馬から抽出されるものと比べると効果の面で劣ると言われていますが、使いようによっては非常に有用な成分です。豚プラセンタの最大の特徴は、商品価格が安いことです。豚は一度に10頭もの子供を産みます。

それだけに一度でたくさんの胎盤を手に入れられるため、原料費を押さえて商品価格を下げることができるのです。成分の面では馬プラセンタの方が優れていますが、美容成分としての効果は豚プラセンタでも十分得ることが可能です。

効果が高くても、値段が高いとなかなか使い続けることができませんから大きなメリットと言えるでしょう。無理のない金額で長く使いたいという人にとって、豚プラセンタの価格は非常に魅力的ではないでしょうか。

安全性を求めるなら

豚は生食厳禁の動物です。牛や馬のような他の家畜には住みつかない寄生虫が存在しており、かつ感染症や食中毒のリスクが高いことから、生で食べてはいけないとされています。日本で育てられている豚はそういったリスクが少ないことで知られていますが、やはり寄生虫を寄せ付けないために薬剤を使用しながら育てることがほとんどです。

そんな豚の胎盤が原料となる豚プラセンタは、加工時に強い殺菌処理が行われるため、せっかくの栄養素が壊れてしまう心配があります。そこで注目されているのが、SPF豚です。

SPF豚とは抗生物質を与えることなく、豚が本来好む自然な環境で育ったことを証明するブランドのことです。

完全無菌とはいかないものの、非常に質のいい胎盤を持っていることで知られているため、人気が高くなっています。安全性と効能の両方を手に入れたいなら、SPF豚かどうかを確認することをおすすめします。

豊富な栄養素

豚プラセンタはアミノ酸やビタミン、ミネラル類が豊富です。その他にも核酸やたんぱく質、成長因子と言ったプラセンタならではの成分もバランスよく含まれています。

幅広い成分がお互いに協力することで、体のバランスそのものに働きかけることができるのです。特に質のいい国産SPF豚プラセンタは、通常の豚よりもアミノ酸などの成分も豊富に含まれています。

効能とコストパフォーマンスの良さを両立させられることが、豚プラセンタの嬉しい特徴と言えるでしょう。

手軽に摂取できるのが嬉しい!

豚プラセンタは、一般的な馬由来のプラセンタよりも価格が安いため、気軽に取り入れることが可能です。より安全性にこだわった商品もたくさんあるので、自分に合ったものを探すこともできます。